菊酒

 
きくざけ
晩秋
 
 
菊の酒/菊花の酒
 
 
重陽の節句に菊の花を浮かべて飲む酒をいう。中国では、菊酒を酌むことで長生きできるという言い伝えがあり、それが日本にも 伝わったもの。この習慣は、朝廷をはじめ武家や民間にも広まった。現在でも下賀茂神社などでは、重陽の節句に菊酒を振舞う。
 
菊酒に薄綿人のほめきかな
西鶴 「発句題林集」

草の戸や日暮れてくれし菊の酒
芭蕉 「笈日記」

菊酒の加賀に知る人おとづれよ
許六 「摩詰庵入日記」

草の戸の用意をかしや菊の酒 
太祗 「太祇句選後編」

よもぎふや袖かたしきて菊の酒
一茶 「文化句帖」

コメントは受け付けていません。