第6回恋の俳句大賞は三玉一郎さん

【大賞】
もうゐないあなたがふぶくさくらかな  三玉一郎

【趙 栄順/特選】
君はいま春のひかりとなり来たる  斉藤真知子
・恋人は春のひかりをまとって。
名前呼ぶバレンタインの日やそつと  三玉一郎
・まだ告白できない人の名か、秘めたる恋心。
初富士や君かたはらにゐればこそ  木下洋子
・愛する人が傍らにいてくれてこその富士のめでたさ。
もうゐないあなたがふぶくさくらかな  三玉一郎
・花吹雪のなかで思う懐かしいひと。桜に宿る力。
好きな人いることが好きラ・フランス  早川高典
・恋に恋する年頃の初々しさ。
【入選】
悴みて告げ得ぬ恋のありにけり  川辺酸模
恋心まだありますかふかし藷  椋本望生
見合する気のなささうなラ・フランス  菅原晋也
大胆に薔薇切り取るや恋始め  永井和子
まろび寝て恋を夢見る海鼠かな  川辺酸模
恋あまた思ひ出となり毛糸編む  斉藤真知子
君とならのぼつてみたき雲の峰  長井亜紀
つかまえて私あなたの兎です  小島寿々
花火観る君の瞳の花火見る  矢作輝
花が語りだしたら恋のはじまり  近藤いずみ
【長谷川櫂/特選】
会ひにゆく百万本の冬木立  三玉一郎
・冬木立の中を急ぐ人。百万本に迫力がある。
たまには夫にも愛のチョコレート  明日也
・灯台下暗し?大事な人をときどき思い出す。
夏の蝶見てゐる君を見て居りぬ  石上佐知子
・この控えめな感じを忘れないでいたい。男も女も。
もうゐないあなたがふぶくさくらかな  三玉一郎
・花吹雪となって降りしきるあなたの思い出。あなたのかけら。
目つむれば君といた冬2000年(ミレニアム)  永友萌
・十七年前の追憶。冬が切ない。
【入選】
お別れの真昼のクリスマスツリー  鴻池貴光
heavy級 味わう 愛のチョコレート  田村美香
シュプールを描いて彼に真っしぐら  渡部葉子
恋をしてやさしい顔の雪だるま  城内幸江
初雪や隣に君のゐる奇跡  石上佐知子
恋心まだありますかふかし藷  椋本望生
再会は二十五回の冬のあと  矢作輝
桜貝ふたりで海を見ていた日  斉藤真知子
脱ぐために着る夏服をえらんでる  早川高典
花が語りだしたら恋のはじまり  近藤いずみ

第6回「恋の俳句大賞」締め切りました

今回は448句の応募がありました。近いうちに結果を発表いたします。大賞作品はプレートに刻んでハウステンボス(長崎県)に立てます。

恋の俳句大賞は年2回、次のとおり実施します。
【前期】1月末日締め切り、バレンタインデーまでに発表。
【後期】7月末日締め切り、旧暦の七夕までに発表。
【選者】趙栄順(チョ・ヨンスン)、長谷川 櫂
【投句】いつでも受け付けています。下の欄に必要事項を記入して投句してください。投句料は無料、何句でも応募できます。

「生活」季語100あまりを「行事」に移しました

ネット歳時記「きごさい」でこれまで「生活」季語に分類していた季語100あまりを「行事」季語に移しました。これで生活と行事の区分けが明確になり、今までよりいっそう使いやすくなります。ご活用ください。

【新年】白馬節会、県召除目など
【春】東をどり、鴨川をどりなど
【夏】愛鳥週間、青葉の簾など
【秋】踊、風の盆など
【冬】牡丹焚火、孟冬の旬など

「きごさい+」は1月22日、渡辺竜樹さんの「詩のなかに咲く薔薇」

古今東西の詩人が薔薇の詩を詠んできました。
渡辺竜樹さんが、古代ギリシャから日本の西脇順三郎まで薔薇の名詩を紹介、読み解きます。

会場のある港の見える丘公園もアメリカ山も冬薔薇のさかりです。

<第9回きごさい講座+句会>
日 時:2017年1月22日(日)13:30〜16:30(13:10 開場)
 13:30~14:30 講座
 14:45~16:30 句会(投句締切、当季雑詠5句)
会 場:神奈川近代文学館 中会議室(横浜市、港の見える丘公園、みなとみらい線「元町・中華街駅」下車、6番出口から徒歩10分)〒231-0862 横浜市中区山手町110 TEL045-622-6666 http://www.kanabun.or.jp/guidance/access/
演 題:詩の中に咲く薔薇
講 師:渡辺 竜樹 (わたなべたつき)
1976年愛知県生まれ。明治大学文学部文学科フランス文学専攻卒業。フランス近現代詩のみならず日本の詩歌全般に関心を持つ。2010年第5回飴山實俳句賞受賞。俳句結社「古志」同人。季語と歳時記の会会員。大岡信研究会会員。
句 会:参加は自由(選者=渡辺竜樹、長谷川櫂)
参加費:きごさい正会員1,000円、非会員2,000円

*きごさい事務局にホームページの申し込み欄、電話、ファクシミリでお申し込みください。申し込みなしの当日参加もできます。TEL&FAX 0256-64-8333

アクセス不能、ご迷惑をおかけしました

ネット歳時記「きごさい」が11月7日午後から8日の朝にかけて利用できなくなりました。利用者の方々にたいへんご迷惑をおかけしましたことをお詫びします。

原因は悪質なウイルスに感染したことであることが判明しました。現在、ネット歳時記「きごさい」はすでに正常に機能しております。ウイルス感染の恐れもありませんので安心してご利用ください。

「きごさいショップ」はシステムが安定するまでしばらく閉鎖させていただきます。再会の目途が立ちましたら、あらためてお知らせいたします。

第9回「きごさい講座+」は「詩のなかに咲く薔薇」

日時:2017年1月22日(日)13:30〜16:30(13:10開場)
会場:神奈川近代文学館、中会議室(港の見える丘公園)
みなとみらい線「元町・中華街駅」下車、6番出口から徒歩10分
http://www.kanabun.or.jp/guidance/access/
講師:渡辺竜樹(わたなべたつき) 
1976年愛知県生まれ。明治大学文学部文学科フランス文学専攻卒業。フランス近現代詩のみならず日本の詩歌全般に関心を持つ。2010年第5回飴山實俳句賞受賞。俳句結社「古志」同人。季語と歳時記の会会員。大岡信研究会会員。
句会:参加は自由、当季雑詠5句、選者=渡辺竜樹、長谷川櫂
参加費:きごさい正会員1,000円、非会員2,000円

高橋順子さん「風の名前」について語る

001
10月2日、久しぶりの秋晴れの日曜日、神奈川近代文学館に於いて、きごさい講座+句会が開かれた。
 講師に詩人の高橋順子さんをお迎えし、「風の名前」をテーマにお話をいただいた。
 高橋順子さんは古志とは浅からぬ縁のある方で、30年程前に一ツ橋句会と称して長谷川櫂を主宰とする10名ほどの句会が、月一度持たれ、そこで高橋さんも大いに句作に励まれた由。古志の萌芽の時代を知る方である。

 今回のテーマの「風の名前」は、高橋さんの御著書のタイトルでもある。高橋さんには、「雨の名前」「花の名前」「月の名前」「恋の名前」などのシリーズがあり、いずれも様々な名前の由来に写真、エッセイ、自作の詩を付けられた、言わば詩的なエッセイとでも呼びたい本である。
 
 日本は四方を海に囲まれた島国である。自然の影響を強く受ける国ゆえ、古来より自然現象についての言葉が豊かで、風に関しても、時期、強弱、色合いと、きめ細やかに表現されている。その名、数にして2千以上という。それは、自然災害の多いこの国の言葉の知恵であったかもしれない。
 日本で最も古い風の名前は「あいの風」。「あいの風」は「あゆの風」ともいい、日本海から沿岸に吹く夏の涼やかな海風。魚介類を浜辺に寄せてくる風でもある。
万葉集に大伴家持の次の歌がある。

あゆの風いたく吹くらし奈呉の海人の釣する小舟漕ぎ隠る見ゆ  大伴家持

数年前の夏、福井県の東尋坊を訪れたとき、涼しく心地よい風が吹いていた。地元で「あいの風」と呼んでいると知り、これが大伴家持も吹かれた風、と思ってうれしかった、と高橋さんは微笑まれた。そして、風の古語を紐解かれ、さまざまな風の名前を披露してくださった。

句会後のフリートークでは、昨年亡くなられたお連れ合いで小説家の車谷長吉氏との思い出を話してくださった。お住まいのある千駄木にちなみ駄木(だぼく)句会と名付け、夫婦二人の句会を楽しまれた由。小説家の前は料理人をされていた車谷氏の作るお雑煮のお話も楽しく聴かせていただいた。
 句会後の高橋さんのご感想。
「みなさん、この短時間に風の名句を沢山作ってくださったことに驚きました」
高橋順子さん、素敵な風のお話をありがとうございました。(趙 栄順 記)

——-

<句会報告  選者=高橋順子 長谷川櫂>
◆ 高橋順子 選
特選
金斗雲と呼べば飛びくる栗きんとん  長谷川櫂
ひるがへり風の川ゆく一葉かな  葛西美津子
しつしつと秋の日降るや異人墓地  五月女政夫

入選
葉の上に書かれし経文菊供養  松田欣末子
露笑みて風ささやきて芋太る  藤野侃
とりどりの風の吹きくる秋扇  飛岡光枝
鉦叩村中の窓たたきけり  三玉一郎
ハロウィンのどの顔となる南瓜かな  片山ひろし
火の鍋や金の風吹く中華街  西川遊歩

◆ 長谷川櫂 選
特選
ひるがへり風の川ゆく一葉かな  葛西美津子
良き風に歌を合はせん宗鑑忌  岩﨑ひとみ
一兵の塗炭しのばん茱萸赤し  園田靖彦
風の名をみな知つてゐる花芒  井上じろ
新蕎麦ややませの吹きし故郷より  葛西美津子

入選
屁は風の仲間であらう秋句会  藤野侃
秋風が見える港の見える丘  趙栄順
庇まで薪つむ人秋の暮  五月女政夫
書いてすぐ忘るる漢字秋の風  片山ひろし
極楽のあまり風の中端居かな  川村玲子
恋をせぬ国おそろしや破芭蕉  西川遊歩
とりどりの風の吹きくる秋扇  飛岡光枝
凪のまに風は秋へと衣更  神谷宣行
なにはなくとも新米の塩むすび  片山ひろし
鉦叩こころの鉦を叩きをり  趙栄順
庇うつ音や椎の実櫟の実  鈴木伊豆山
くびれなき瓢も吹かれふくべ棚  飛岡光枝
風を待つ草ばかりなり秋の庭  北島正和
すぐそこの母の家へと露の中  川村玲子
埋れゐしことば掘り出す豊の秋  西川遊歩
極楽の余り風くる秋昼寝  飛岡光枝
火の鍋や金の風吹く中華街  西川遊歩
九十九里にくぢらも揚がるいなさかな  三玉一郎

◆ 選者の一句
赤とんぼおのが名を知つていさうなり  高橋順子
金斗雲と呼べば飛びくる栗きんとん   長谷川櫂