『こども歳時記』 発売

『大人も読みたい こども歳時記』
長谷川櫂監修 季語と歳時記の会編著 小学館刊 1600円+税
2月28日に全国書店で発売されます!

ATTKEGVS

教育現場で俳句を教えている先生方や季語歳のメンバーの協力を得て、日本初の本格的な『大人も読みたい こども歳時記』(以下、「こども歳時記」)が発売されます。『こども歳時記』の制作を思い立ってから二年半余り、「小中学生にふさわしい季語をいくつ載せるか、どの季語を入れるか、入れないか」の議論からスタートしました。過去、たくさんの大人の歳時記が編纂されましたが、小中学生向けの歳時記は簡易なものしか作られていませんでした。日本初の本格的な『こども歳時記』の登場です。
制作上の困難のひとつは、子どもたちの優れた例句が収集できないこと。季語歳では毎年開催している「きごさい全国小中学生俳句大会」への応募作品を中心に「学校俳句研究会」の先生方の協力を得て、第一関門を突破しました。それでも、子どもの俳句の例句がない季語がいくつもあります。例句を探していて気がついたことは、考えていたよりずっと、子どもたちの句に季語のバリエーションが少ないことでした。夏休みの季語の句は数え切れないほどある一方で、例えば、冷奴やすき焼きの例句を懸命に探しましたが諦めました。『こども歳時記』が教室の句会で使われたり、宿題での句作りに参照されたりすると、今までより作品のなかの季語の数が増えることを期待しています。
『こども歳時記』は、約400季語、224ページ、オールカラー。美しい写真の情報力は大きく、季語の理解を助けてくれます。ぱらぱらとページを眺めるだけで、日本の四季の素晴らしさが伝わってきます。句会のやり方、四季それぞれのコラム、おぼえておきたい俳句、俳人などのコラムも読み応えがあります。
最終的には、監修者である当会代表の長谷川櫂の力のこもった監修を経て、出版の運びとなりました。大人が読んでも理解を深める、季語の本意を軸にすえた解説です。
歳時記の編纂作業はレベルの高い季語と俳句の知識が必要で、編集者として力を発揮された小学館の飛岡光枝さんの存在なくしては、この本は生まれませんでした。表紙、中扉のイラストは、安西水丸さんです。
カラフルな『こども歳時記』が、俳句作りの現場でたくさんの人たちに活用されることを心から望んでいます。同時に季語と歳時記の会の活動として『こども歳時記』の出版を実現できたことをご報告いたします。(西川遊歩)

「恋の句」募集

「きごさい」(季語と歳時記の会)では今年、「恋の句」を募集します。バレンタインデーや義理チョコを題材にしてもいいですし、それ以外の季節、季語でも結構です。「バレンタインデー」が長過ぎるという人は「恋の日」という新季語を使ってみてください。

俳句ができたら「きごさい」の「お問い合わせ」欄へメールで送ってください。締め切りは6月30日です。一人何句でも可。投句料、無料。ただし自作、新作、未発表の句にかぎります。

選句の結果、最優秀作品は2015年春、ハウステンボスに山桜の苗木1本を記念植樹し、作品を刻んだプレートを立てます。また優秀作には今月刊行される小学館『こども歳時記』を贈呈します。入選句は「歳時記学」第7号に掲載します。

あなたの「恋の句」をお待ちしています。

NHK視点論点 子どもの俳句/2014_01_28

一月の下旬の季語と歳時記の会の長谷川代表が、NHKのEテレ「視点論点」で子どもの俳句について、話をしました。以下に、その内容を再録、掲載いたしますので、お読みください。
——-
日本人は子どもからお年寄りまで、詠もうと思えば誰でも俳句が詠めます。ほかの国ではふつう詩人しか詩を詠まないので、誰もが潜在的な俳人である日本はちょっと珍しい国であるということになります。

今日は日本中で毎日たくさん詠まれている俳句の中から子どもたちの俳句をみながらその可能性と問題点を探ってみたいと思います。

さっそく子どもたちが詠んだ俳句をみてみましょう。

続きを読む

「歳時記学」第6号ができました

6_200
「歳時記学」第六号ができました。日本気象協会が今春まとめた「季節のことば三十六選」と「二十四節気ひとこと解説」を特集しています。「季節のことば三十六選」の説明を「歳時記学」編集長の藤英樹と「カフェきごさい」店長の飛岡光枝がまとめています。季語歳スタッフの藤原智子が「二十四節気ひとこと解説」を説明しています。また俳人の宇多喜代子さん、西村和子さん、季語歳の長谷川櫂代表がそれぞれ旧暦(太陰太陽暦)や二十四節気の価値について、含蓄ある文章を載せています。このほか、季語歳会員のエッセイ、季語歳理事の高田正子、福島光加、スタッフの岩井善子がそれぞれ「季語」「花」「料理」についての蘊蓄を傾けたエッセイも読み応え十分。恒例の「日本の暦」も載せています。会員には一冊ずつお送りしました。どうぞじっくりとお読みください。(藤英樹_歳時記学編集長)

購読は右サイドの「きごさいショップ」からお申し込みください。