小山正見講師「家族で楽しむ俳句」講座報告

999 きごさいの副代表を務める小山正見は、公立小学校を退職後、現在、江東区教育委員会学校支援課に籍を置き、江東区の小学校を中心に各地の学校へ赴き、子ども達へ俳句を教える活動をしている。休日を除くほぼ毎日、どこかの学校で俳句の授業をしているので、俳句の授業を行った数では間違いなく日本一である。
 当日は、そんな小山正見講師が、学校での俳句指導の実践の様子と、家族で俳句を楽しむためのポイントをわかりやすく楽しくレクチャーした。その内容の概略をここに紹介する。
 俳句の良さは、「短いこと」である。短いからこそ、どの子も取り組めて、短時間ででき、また効果てき面だという。
 小山講師が行っている授業では、俳句のスタート段階は、上五下五は言葉を決めてあり、中七だけを考えさせるところから学習を始めるそうである。そうすることで俳句への抵抗感をなくして誰もが楽しめるようにする。
なるほど。好きこそものの上手なれ。俳句好きの子を育てることがやはり大切ということなのだ。
 また、実物を見て作ることや、見る際の視点を子ども達に与えることも大切とのことであった。しかし実物を見せすぎると、真面目な子ほど説明的な俳句になってしまうのだという。 
これは百戦錬磨の俳句授業の経験があるからこそ言える子ども達の特徴だ。確かにそういわれてみればそうだ。
 子ども達の俳句によく見られる下五の「うれしいな」。これを消すいくつかの方法も教示。①「うれしいな」をNGワードにする。②「うれしいな」と作った後で、その部分を季語に置き換える。③たとえば運動会の俳句なら、初めから「運動会」を下五に据えて作る。などである。
 下五を最初から限定してしまえば、「うれしいな」の入る余地はない。これは目から鱗の奥の手だと実感。
 さて、では家族で俳句を楽しむにはどうしたらいいのだろうか。子どもや孫と一緒に俳句を作りながら、学校で授業している上記のような方法を時折ちりばめたりすればいいのだろうかと、話を聞きながら考えていた。
 小山講師はこう断言した。
 「家族で俳句を楽しむには、大人がどうやって口を出さないかが、一番大切なことです」
 うーん、なるほど。家にも、ああでもないこうもないなんて言われたら確かに俳句好きにはなれないということか。
 そして、最後に「俳句は世界を34バイトで表す素晴らしい文学です」と結び、講座は終了した。それはまさにアンドレ・マルローの「俳句は永遠を瞬間に閉じ込める文学である」の小山流の表現だと感じ、これからますます自分自身が俳句を知り、もっともっと俳句に親しみ、楽しみたいと強く感じた。
日本学校俳句研究会幹事長&季語と歳時記の会理事:山本新 記

第4回「きごさい講座+句会」報告

7月4日(土)、神奈川近代文学館で第4回「きごさい講座+句会」を開催しました。
まず講師の小山正見先生(日本学校俳句研究代表)が「家族で楽しむ俳句ーこどもに俳句をどう教えるか」というテーマで講演、その後、句会となりました。
講演のレポートは写真入りで近日中にアップしますので、どうぞお楽しみに。

選者の選句は次のとおり。  
◆小山正見選
*特選
よかちんちんよかちんちんと天瓜粉   園田靖彦
明日まではバケツの中に金魚かな   金澤道子
オアシスの一滴硯に楸邨忌      西川遊歩
明易や港の見える丘公園      趙栄順
六月の六日の窓に絵描き歌     阿部郁恵
山滴りて子へ繋ぐ俳句かな      佐川あけみ

*入選
水飯や佃煮の鮴泳ぎ出す      葛西美津子
海は春横須賀三崎逗子葉山     藤野侃
かあさんの歌のとほりに烏の子   岩﨑ひとみ
デビューする白熊の子や浮いて来い  鈴木伊豆山
夏が来た土曜日の次日曜日     長谷川櫂
極楽の余り風なり端居して      金澤道子
形代を送る郵便切手かな      岩﨑ひとみ
七月や喫水暗き護衛艦       山本新
潜望鏡上げてでで虫見る世界   鈴木伊豆山
かたつむり涙をためている子かな  下山桃子
サングラス女の一生一ダース    前田麻里子

*選者の一句
玄関に母の残した白日傘    正見  

◆長谷川櫂選
*特選
羊蹄の花や運河をみりん船       むらたともみ
どんとあるパイナップルを切り分けよ  田中益美
山百合や捺染の川今もあり       西川遊歩
夏雲やバラして磨くキャブレター    山本新
青芝を刈る音近くまた遠く        長井はるみ
昼顔の花の蜜吸ふお尻見え       森川ヨシ子
草いきれラベンダーの香まざりけり  大平佳余子

*入選
よかちんちんよかちんちんと天瓜粉   園田靖彦
海は春横須賀三崎逗子葉山       藤野侃
教室に私語多くして立夏かな      下山桃子
すやすやと万歳をして昼寝の子     大場梅子
畑からもいだトマトのぬくみかな    田中益美
玄関に母の残した白日傘        小山正見 
風に乗り影絵のやうな夏の蝶     森川ヨシ子
錆び錆びてなほ錆びゆくか朴の花  趙栄順
つば広の帽子の少女すもも熟る  むらたともみ
贖罪のごと揚梅の二つ三つ      むらたともみ
大家族戯れて蚊帳吊りしころ     佐川あけみ
庭石の趣き増してねじり花       富永たか子
青梅雨や少女の我のゐるごとく   趙栄順

*選者の一句 
花びらのかるさと思ふ団扇かな   櫂

◆次回の第4回「きごさい講座+句会」は東京北区・王子で開きます。ふるってご参加ください。
日 時:10月12日(月・祭)13:30〜16:30 (開場は13:10)
会 場: 北トピア 902 会議室  
王子駅から徒歩2分 (JR京浜東北線、東京メトロ南北線、都電荒川線)
〒114-8503 東京都北区王子1-11-1 TEL 03-5390-1100
http://www.hokutopia.jp/
講 座: 花はなぜ開くのかー花芽の誕生と太陽の光
講 師: 藤吉正明、東海大学教養学部准教授
句 会: 当季雑詠5句(選者=長谷川櫂)
参加費:きごさい正会員 1,000円 非会員 2,000円

■できれば、下記のフォームから事前に参加のお申込みをお願いいたします。
きごさい事務局  TEL&FAX 0256-64-8333

お名前 (必須)

電話番号 (必須)

年齢 (必須)

性別 (必須)
 女性 男性

メールアドレス (必須)

 講座と句会に参加します。 参加をキャンセルします。

7月4日、講座+句会「家族で楽しむ俳句」

第3回「きごさい講座+句会」は日本学校俳句研究会会長の小山正見先生をお招きして「家族で楽しむ俳句 ー こどもに俳句をどう教えるか」というテーマで講演していただきます。

俳句を通しての家族の交流や、こどもたちが取り組みやすい俳句の作り方、大人も学びたいこどもの俳句の発想と感性など、長く教育の現場に立たれた小山先生ならではのお話を聞けることでしょう。

小山氏の講座のあと、句会(選者=小山正見、長谷川櫂)があります。ふるってご参加ください。参加のお申込みはいりませんので、当日会場へおこしください。

◆日 時: 7月4日(土)13:00〜16:30
13:00       受付開始
13:30~14:30 講座
14:45       投句締切(当季雑詠5句)
14:45~16:30 句会
◆会 場: 神奈川近代文学館 中会議室(横浜市、港の見える丘公園)
〒231-0862 横浜市中区山手町110 TEL045-622-6666
みなとみらい線「元町・中華街駅」下車、6番出口から徒歩10分
http://www.kanabun.or.jp/guidance/access/
◆句 会: 当季雑詠5句(選者=小山正見、長谷川櫂)
◆参加費: きごさい正会員1000円、非会員2000円

『平和をかんがえる こども俳句の写真絵本』が、発売されました

q『平和をかんがえる こども俳句の写真絵本』(小学館刊 ¥1400+税)が、発売されました。写真は木村伊兵衛、土門拳、浜谷浩、林忠彦、田沼武能、三好和義・・・写真界の大御所たちが撮影した、昭和の子供が写っている名作写真が選ばれています。日本が貧しかった時代の子供たちの表情や光景は多くのことを語り、考えさせてくれる。それらの写真とともに、小学生を中心に中学生、高校生が詠んだ俳句が並びます。作品は現代のこどもたちのものですが、時を越えて写真と見事に響き合っています。
戦争を挟んだ20年間のモノクロームの写真と現代のこどもたちの俳句を見比べながら、平和と戦争と幸せとは何かについて、家族やクラスや個々人が考えてみよう、ということが本書出版の目的だと思います。各写真の一枚ずつの解説、こども関連と一般の出来事を二段に分けた年表、小山正見季語歳副代表&日本学校俳句研究会代表の「おとうさん、おかあさんへ」というメッセージも掲載。
『こども歳時記』から引用された俳句もあり、巻末には協力団体として季語と歳時記の会の名もあります。このユニークで感情豊かなこの本を教材に、平和や戦争、そして幸福や俳句について、多くの教育現場や家族のなかで話し合われることを望んでいます。(西川遊歩記)

言葉こそ戦争終わらす武器である 熊谷真由(中三)
沸き上がる入道曇に俺はなる 佐藤凌我(中三)
しもやけの母さんの手につつまれて 本間百詠(小二)
妹がとってとってとしゃぼん玉 藤井雄也(小三)
おとうとは何でも食べるつばめの子 溝口和佳奈(小二)
へいわとはおく万円よりいいものだ 浦川日向(8)
小さな手ぐっと握った沖縄忌 三田綾音 (高一)・・・・本書より

第五回「2015きごさい全国小中学生俳句大会」のお知らせ

開催時期を例年のスケジュールから変更いたします

「きごさい全国小中学生俳句大会」は、第五回大会の時期をいつもの予定をずらして開催いたします。大会開催時期を検討した結果、従来のスケジュールでは、多くの俳句大会開催時期と重るため、3ヶ月ずらして開催することになりました。従来は、夏休みの宿題の句が圧倒的に多かったのですが、季節と季語のバリエーションも増えることと期待しております。
 また、今回の大会から、季語と歳時記の会(きごさい)と日本学校俳句研究会と共同開催することになりました。より教育現場に近いところから、小中学生の俳句づくりの活動を活性化させたいと考えております。また、日本学校俳句研究会の先生方による選で、ベスト30の賞も新設いたしました。
『こども歳時記』(季語と歳時記の会編、小学館刊)の季語や例句などを活用していただき、今年もたくさんの投句をお待ちしています。

【対象】
全国の小中学生。外国籍、海外居住者の投句も受け付けます。自作の句に限ります(二重投句や他人の俳句の投句は禁止です)
【テーマ】
どの季節の俳句でもかまいません。
【投句期間】
平成27年7月1日~平成27年11月30日
【投句方法】
投句料は無料。1人3句まで。官製はがきで、住所、氏名、学年、電話番号を明記の上、下記あて先までお送り下さい。また、インターネットでの投句も可能ですので、詳しくは http://kigosai.sub.jp/ を御覧下さい。
【投句のあて先】
〒959-1381 新潟県加茂市新栄町2-2-1   
NPO法人「季語と歳時記の会」 0256-64-8333(ファクシミリ兼用)
【選者】
大木あまり(俳人) 高田正子(俳人)小山正見(日本学校俳句研究会代表:季語歳副代表) 長谷川櫂(俳人:季語歳代表) 
【発表&表彰イベント】
入選者の発表、選者各氏の講評、表彰は、平成28年2月28日(日)午後2時―4時、誰でも参加できますので、希望者はあらかじめ事務局にメールか電話でお申し込みください。
日 時 平成28年2月28日(日) 午後2時―4時
会 場 神奈川近代文学館(ホール) 〒231-0862 横浜市中区山手町110 ℡:045-622-6666
主 催 NPO法人「季語と歳時記の会」&日本学校俳句研究会
協 賛 (株)小学館 (株)Z会 開明(株)

【表彰】
◆個人賞(選者が秀逸と思う作品から)
大賞1名・・・・・・・・・賞状と副賞
特選5名・・・・・・・・・賞状と副賞
入選&佳作50名・・・・・・・・・・賞状
特別賞(日本学校俳句研究会のメンバーが選ぶベスト30句)30名・・・賞状

◆学校団体賞(活発で、前向きな俳句に関する教育活動を行っていると思われる学校に対して)
小学校団体特別賞・・・・・・・・賞状と副賞
中学校団体特別賞・・・・・・・・賞状と副賞

「歳時記学」第7号ができました

saijikigaku7 「歳時記学」第7号が完成しました。まもなく会員の皆様のお手元に届くと思います。昨年末の完成予定が大幅に遅れたことをお詫び申し上げます。

「恋する二月」と題した特集で、歌人の岡野弘彦さんが「古事記」から「新古今和歌集」までの古典から「恋の歌」百首を、詩人の高橋睦郎さんが室町期から現代までの俳諧・俳句から「恋百句」をそれぞれ選び、解説しています。

月初めに立春を迎えるとはいえ寒さが残りくすんだイメージだった二月が、近年春節(旧正月)とバレンタインデーという2大行事により存在感を増してきたことを長谷川代表が「恋の月に生まれ変わった」と書いています。バレンタインのメーンの贈り物であるチョコレートの歴史について武田尚子・早大教授に、また百貨店のバレンタインをはじめとした季節の提案について川島蓉子・ifs未来研究所長に、寄稿していただきました。さらに「カフェきごさい」のエッセイは今号も読み応え十分です。新暦と旧暦を併記した「日本の暦」も気ぜわしい日々の生活にうるおいを与えてくれるものと思います。どうぞお役立てください。

さて、編集部では来春をめざして第8号の準備を進めています。特集のテーマは「俳句の宇宙性」です。会員の皆様の中には俳句を詠まれる方も多いと思います。俳句に詠みこむ歳時記の季語(季題)とは、太陽系における地球の公転、自転によって生まれる季節の言葉です。そう考えると俳句は宇宙と向き合っている詩であることが分かります。古来、俳人たちは日月星辰を詠み、鋭い感性で宇宙の静寂をとらえてきました。現代の科学は宇宙をより身近なものにし、地球や月の鮮明で美しい画像がもたらされ、火星に生命が存在する可能性が高まるなど、宇宙への人びとの関心は一段と高まっています。

そこで次号では、俳人、僧侶、哲学者で「虫の夜の星空に浮く地球かな」(『夏の峠』)など宇宙性豊かな代表句を持つ大峯あきらさん、俳人で「水の地球すこしはなれて春の月」などを収めた句集『静かな水』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した正木ゆう子さんに寄稿していただきます。古今の「宇宙性俳句百句選」も紹介する予定です。さらに「続・恋の歌」と題して前号に続き、歌人の岡野弘彦さんに近世から現代までの恋の和歌・短歌を選んで解説していただきます。ご期待ください。(「歳時記学」編集長、藤英樹)

7月4日、講座+句会「家族で楽しむ俳句」

第3回「きごさい講座+句会」は横浜市で開きます。ふるってご参加ください。

日 時:7月4日(土)13:00〜16:30
会 場:神奈川近代文学館 中会議室(横浜市、港の見える丘公園)
〒231-0862 横浜市中区山手町110 TEL045-622-6666
みなとみらい線「元町・中華街駅」下車、6番出口から徒歩10分。https://www.kanabun.or.jp/0g20.html
講 座:家族で楽しむ俳句 ー こどもに俳句をどう教えるかー(講師=小山正見、日本学校俳句研究会代表)
句 会:当季雑詠5句(選者=小山正見、長谷川櫂)
参加費:きごさい正会員1000円、非会員2000円

新潟県加茂市、雙璧寺の山桜

maeyamazakura

第1回の植樹(2008年5月、雙璧寺)の山桜が今年も美しい花を咲かせました。なかには雪で折れた木もありますが、多くは順調に育っています。一番大きな木で幹回りが30センチくらいになっています。植樹した当時の写真(上)と現在(下)の写真を見比べてみてください。右の写真は満開の桜で背後の景色が見えなくなるほどです。

第三回山桜植樹式(於:ハウステンボス)報告

Cimg2516 4月5日の9:時30分より、ハウステンボスの運河沿いのエリアで、きごさいの山桜植樹式が開催された。最初にハウステンボスの高木潔専務より「季語と歳時記の会の山桜の植樹が三年目を迎えることが出来てうれしく思う。花のテーマパークであるHTBは、季節ごとに魅力的な花を見ていただけるよう努力している。山桜も成長とともに花を咲かせつつある。花の園であるHTBで、これからもずっと山桜植樹が続くことを期待している」と挨拶。次に長谷川櫂季語歳代表が立ち「三年目は大きな記念樹と若木も植樹。また、「きごさい恋の俳句大賞」の企画が昨年からスタートし、大賞受賞作品の句碑を本日、二つ(第一回と第二回受賞作)立てた」ことを報告した。
 最後に昨年、亡くなられた俳人の小寺敬子さんのご遺族の希望で、記念樹としての山桜を寄贈、植樹のセレモニーが行われた。4,5メートルある立派な木に、「ぼくたちが愛した自由青葡萄 小寺敬子」のプレートが添えられ、遺族の方から感謝のことばが述べられた(西川遊歩記)

プラントハンター・シーボルトの旅(講演報告)

 シーボルトは、長崎、出島の商館医として1823年に来日。滞在の目的は、日蘭貿易の建て直しのために日本のさまざまなジャンルの情報収集を、国から命じられていた。日本では西洋医学を多くの門人を通じて教えて尊敬を集め、日本人妻(滝)を娶り、娘の(いね)は日本最初の女医となった。大振りの青いアジサイの学名に、妻の名に因んで「オタクサ」と名づけた。しかし、禁制品の持ち出しが発覚して「シーボルト事件」が発生・・・。という多くの人が持っているイメージとは別の角度から、シーボルト像をお話した。

 ヨーロッパで医学を学ぶ者は、同時に博物学、自然科学が必修。その過程で、シーボルトがもっとも興味を持ち、生涯熱中したのが植物学&植物であった。来日後、すぐに限られた行動半径の中で植物採集をして、薬草園や植物園を作る。植物収集を中心に、日本の民俗学的な多くの情報を、医学を教える門人たちのネットワークをつかって収集する熱意が凄い。

 彼が人生の最終目標としたものは、「植物学者として名声を得て、その先はヨーロッパの庭を変革する園芸植物の販売事業を起こし、事業家として大成功したい!」ということ。医学の日本での伝授は、シーボルトにとって情報収集人脈形成の手段であった。商館長とともに義務付けられていた江戸参府の旅に出るが、このとき多くの医師や学者たちがシーボルトと接触を試みる様子は熱狂的だ。日本を出島以外で見る絶好の機会で、シーボルトは江戸参府の紀行文も残している。参府に関して「阿蘭陀わたる」という春の季語もある。

 帰国後、植物学者の地位を確立した『日本植物誌』(フローラ・ヤポニカ)発刊の苦労やそこに選ばれた花や木についても触れた。ハウステンボスの澤田秀雄社長が講演会場に来られていたが、シーボルトが評価した、日本のアジサイ、ユリ、ツバキ・・・などのエピソードに興味を持たれたようだった。花の園であるHTBでは、アジサイ園は既に作庭してあり、この6月に初めてユリ250種のエリアをつくり展開するという。日本産の大型のユリは、シーボルトが移植に成功し、もっとも評判を取った花の一つであった。

句会の後に長谷川代表と対談形式でさらにシーボルトと植物と旅についてのトークを行った。講演、句会、代表のインタビューを、長崎テレビが取材した。(西川遊歩記)